冨樫のとんがりブログ

ありのままの自分で、理想に向かって生きる人を増やし、家庭を変え、社会を変え、国を変え、世界を変えるためのブログ

真剣にやってるんです

最近、僕はなんだか真剣になりすぎてる気がします。


もともと、人の表情や、言葉など、全く見聞きしていませんでした。


相手の伝えたいことだけをキャッチするような特性があって、相手がどんな気持ちでその言葉を言ってるか、わかっていました。
ずーっと昔からわかっていましたが、自覚したのは19歳の時です。


でも、伝えたいことだけ受け取って、伝えたいことだけ端的に伝えても、伝わらないんですよね。


相手の言葉や表情、感情を受け入れて、自分も全てを使って相手に伝えないと、伝わらない。


たくさんの人に叱られ、批判され、ようやくマトモに他人とコミュニケーションを取れるようになったのと思ったのが26歳。


そこから更に失敗を重ねて、29歳。


10年かかりました。
ようやく、人と共鳴し合える瞬間を、感じられるようになりました。
本当に、皆さんのおかげです。



笑顔を失ったこともあったし、笑顔の大切さに改めて気付きもしました。



そして今、僕は1日を振り返って、あまりニコッと笑っていないんじゃないかと、思うことがあります。


僕は真剣になると、表情が消えます。
何故なら、命を懸けていながら、ニコッと笑う器が僕にまだないからです。


僕は目の前の人が、幸せを感じるために何が必要か、いつも、特にここ最近考えています。
時に、急すぎて理解しづらいことも言っていると思います。



でも、今しかない。
僕の命があるうちに、目の前の人の幸せのために何か伝えられることが、あるかもしれない。


そんな姿勢で過ごしていると、その瞬間が訪れることがあります。


僕は、何に対して真剣になっているのか。
伝えることだけに真剣になっているわけではありません。



「 あなたを受け入れること 」



に真剣になっているんです。



僕はよく、優しいと言われます。
きっとそれが長所なんでしょう。


でもそれ以上に、物事の短所を見つけ、批判するのが大の得意でした。
自分にも、他人にも、全てに対して批判的でした。


つまり、受け入れないことが得意だったんです。

僕も人間です。

疲労困憊した時
眠気に負けそうな時
お腹が空いてたえられない時
人に裏切られた時


感情のコントロールを失い、
自分勝手な人間になってしまうこともあります。



だから真剣に受け入れています。
僕にとっては、それほど受け入れることは難しいことです。
でも、そうしたいんです。


目の前の人の幸せのために、そうしたいんです。

真剣な表情で、笑顔がなくなっていたら


「もっと笑え」


そう叱っていただけたらと思います。



本当に、みんないつもありがとう。
みんなのおかげで、今日まで生きることができました。



僕はこの命を、真剣に使い続けていきます。



死ぬまで。