冨樫のとんがりブログ

ありのままの自分で、理想に向かって生きる人を増やし、家庭を変え、社会を変え、国を変え、世界を変えるためのブログ

僕をいじめていたYくんの話

Yくんは、幼稚園の頃から友達でした。


でもいつの間にかYくんから、
僕をいじめる輪が広がっていきました。





僕が幼稚園に通っていた頃は、
親友と呼べる男が二人いました。


"だいこん"こと、ダイスケ
それからハヤトの二人です。



毎日が楽しくて、いつも3人で遊んでいました。
悪ガキ3人組だったと思います。




でも小学生になると、
同じ学校に二人はいませんでした。



なんでだろう?



とても寂しい気持ちで、学校に通い始めました。
単純に、学区が違ったんです。


僕の街には小学校が二つ。
中学校は一つ。


彼らは隣の村に住んでいたので、
通う学校が違ったのでした。

僕は6歳にして、親友を二人失いました。






幼稚園の頃に、二人ほどではないにしろ、
仲良くしていたYくんという男がいました。


ちょっとお調子者で、なんだかみんなのムードメーカー。
スポーツも得意で、歳は同じだけど、
それとなく兄貴分のように思っていました。



Yくんとは、片道徒歩1時間もある通学路が同じで、
自尊心の低かった僕はよく、
金魚のフンみたいに、Yくんと一緒にいました。


そんなYくんは、いつからか人を侮辱して面白がるようになりました。


僕も10歳を越える頃には毎日のようにからかわれ、
侮辱され、Yくんからいじめの輪が広がっていきました。




内容は大したことがないにしろ、
心の弱かった僕は、本当に毎日が苦しかった。







僕の地域では、お祭りになると獅子舞や天狗舞などの踊りを、
お囃子と共に披露する慣習がありました。


お祭りが近くなる夏休み。


夜に"役場"と呼ばれた18畳ほどの広さの町民センターに、地域の子供と大人が集まります。



8歳から15歳まで毎年参加していましたが
当然そこにいるはずの、
Yくんの姿は一度も見たことがありませんでした。






大人になってから振り返ると、
宗教上の理由で、参加できないようなことを聞いたことがある気がします。



幼稚園の頃に呼ばれた、Yくんのお誕生日会。
そこで会ったYくんのお母さんも、
ずいぶんと怖い印象が残っています。





真偽はわかりませんが、
Yくんが時折見せた、ちょっと寂しそうな表情。

何気ない優しさ。



人をからかってみたり
罵ってみたり



きっとYくんの本質ではなかったと思います。




Yくんのターゲットが僕になったように、
僕もYくんも、きっと同じ寂しさを抱えていたし


お母さんに、お父さんに、認めてほしい気持ちを抱えていたんだと思います。



つまりは似た者同士。



僕はYくんのことが嫌いだったことは、
なかったように思います。
多少の恨みが残っているのは、
解消し続ける必要がありますけどね。





僕はこの経験があったから、



いじめる人間も

いじめられる人間も



表裏一体なのかもしれないと考え始め、
今では強く確信しています。




満たされたい気持ちを、
何か違うもので補おうとすると、必ず歪みが生じます。




そんなYくんの

幸せを心から祈れるようになった時

またひとつ愛が深くなる気がしています。





もし、許せない人がいるのなら

許せない気持ちを持つ自分を

許してあげてくださいね。


***************************************

【  22世紀の寺子屋  】

次回開催日は2月下旬予定

22世紀の寺子屋への想い



ご意見、お問い合わせはこちらから





LINE@

@dzq9165c

***************************************