冨樫のとんがりブログ

ありのままの自分で、理想に向かって生きる人を増やし、家庭を変え、社会を変え、国を変え、世界を変えるためのブログ

僕はめちゃくちゃ憤ってます

新聞の投稿に、こんな言葉がありました。



・自分たちが子供の頃は、夢も希望もあった。(78歳)


これ暗に、
今は夢も希望もないって言ってますよね?


そりゃ年間3万人も自殺しますよ。

大人がそんなんでどうするんでしょう。




でも今に始まったことじゃありません。



だから昔の若者は、
大人になりたくないって言って


盗んだバイクで走り出したり


校舎の窓ガラスを割ったりしたんでしょうね。



大人の姿勢が、
子供から夢も希望も奪う。




でもね

彼らもまた、
大人を見て育っています。

戦後、本当に貧しい時代がありました。




僕のおじいちゃんも、戦時中、
千葉県まで出稼ぎに行って、
東京大空襲を目にして、
急いで帰ってきたそうです。


そのあとは、家の近くで醤油配達の仕事。


本当に大変で、おじいちゃん以外の人は全員辞めていったそうです。


その後、最終的には米農家になりました。


お父さん曰く、
うちは本当に貧しかったそうです。


だからお父さんは、一生懸命働き続け、
一家6人養ってくれていました。




時代がそうさせたのかもしれません。




でもその時代はもう、終わりを迎える時です。




僕たちの考え方、
在り方、
言葉、
姿勢、
態度、
選択、


それらは、


親から子へ

子から孫へ

そしてその次の世代へ。




時代がそうさせたのなら、
僕たちは今の時代に合った生き方を選択する必要があります。




時代に合わない価値観を抱きしめて、
生きるのに苦しんで、
次の世代に押し付けてる場合ではありません。



苦しいなら手放しましょ。



誰も不幸になりません。



夢も希望もある世界が、
当たり前になるその日まで、

僕は諦めませんよ。


***************************************
ご意見、お問い合わせはこちらから





LINE@

@dzq9165c

***************************************