読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冨樫のとんがりブログ

ありのままの自分で、理想に向かって生きる人を増やし、家庭を変え、社会を変え、国を変え、世界を変えるためのブログ

説教おじさん

誕生日を目前にして、もうすぐ20代が終わろうとしています。

もう世間的には「おじさん」の部類に入っている年齢ですが、子供にバカにされるような「おじさん」にはならないように、鍛錬を続けていきます。


※そう言えば、以前お会いした年商6000万円の事業主の方は「自己啓発をしていない大人は子供にバカにされるんですよ」と言っていた


そして「おじさん」と言えば、世間では色々なおじさんがいて、


小学5年生から全く中身が成長していないような、

「セクハラおじさん」

いつまでも15歳のような、自分が正しいと言ってはばからない、

「自分の意見ゴリ押しおじさん」


娘が生まれて、奥さんにできない分まで過剰に甘えたり、いちゃいちゃしようとする

「気持ち悪いおじさん」



などなど、色んなおじさんがいると思いますが、今回はその中でも、誰でもおち入りそうな

「説教おじさん」

についての話。





説教おじさんの口ぐせは、

「お前のために言ってるんだ!」です。



芸能人のドンなんて言われてた方、言われてる方もよくこんなセリフを言ってますね。



はっきり言って余計なお世話ですよね。



本当に相手のことを思っているなら、

自分が言ったことが、

今相手に必要なことなのか

相手の心に届いているのか

相手が欲していることなのか

ちょっとぐらい顔色見ません?


相手が反発してるのに、
「お前のためを思って〜」だなんて、笑えちゃいますよね。


反発すると話が長いから、とりあえず受け止めて、自分の言いたいことを堪えてるだけなのに、心に届いていると思っているあたりも笑えてきますね。




僕も人に、色んなこと言います。
ああした方がいいとか、こうした方がいいとか。


感動してくださる方もいれば

すぐ行動に移してくださる方もいれば

涙を流して、自分の今までを振り返ってくださる方もいれば

何もしない人もいます。



一体僕に何ができるのかと言えば、大したことは何もできないかもしれません。




でも僕には伝えたいことがあるから、
何度でも言い続けます。



必要だと思うことを伝え続けます。



説教おじさんにはなりたくない。

でも、相手にそう思われてもいいんです。



僕が見ているのは、相手が幸せでいられる生き方、ただ一点。



だから僕は成幸おじさんになります。


みんなの幸せは、まず自分から。


どんな人にも必ず幸せの可能性がある。


全てを受け入れた時が始まりです。


だから僕も、おじさんになることを受け入れます。


おじさんになっても、おじいさんになっても
僕の軸は何も変わりません。




でも、とはいえ素敵なおじさんで在りたいものです。

広告を非表示にする