冨樫のとんがりブログ

ありのままの自分で、理想に向かって生きる人を増やし、家庭を変え、社会を変え、国を変え、世界を変えるためのブログ

真意を伝えることを諦めない

伝えたいこと、たくさんあるけど、ブログにしろFacebookにしろ、なんだかあまり伝えられてる気がしなかった。

直接話せば伝えたいこときちんと伝えられるけど、自分の発信となると、なんだか真意が伝わらないということがたくさん。

どうやったら伝わるのか…

どうやったら…

どうやったら…


ある意味、これは伝わらないと割り切ることも必要かもしれないと思った。


その上で、どうするか。




相手が言ったことの中にではなく、言わんとすることの中に真意がある。



そもそもこの前提がない人が多いから、僕はどんな意図を持って言うかより、どんな風に言葉を発するかにめちゃくちゃ気を使ってきた。



どれぐらい気を使ってきたかと言えば


自分の発した言葉を毎日毎日、毎回毎回振り返って、数千回から数万回に及ぶトライアンドエラーを繰り返してきた。


結果、昔はこうだったと伝えて「全くそんな感じがしない。想像がつかない」と言われるまで、11年の歳月をかけた。

それまで19年かけて身につけた話し方、クセを全て改め、学び直し、「話す」ことについて自分を育て直した。


結果的にはそれも必要で、今では友人の考えてることや気持ちを代弁することが多い。


僕は、相手の言わんとすることがわかる。


理由はわからない。


感受性なのか

超能力なのか

霊能力なのか

才能なのか

スキルなのか

経験則なのか



過去には営業で2000人以上接客してきたし、

今はご縁がない人も含めると合わせて3500人以上の人と会ってきた。


相手が嫌がっているのか、

欲しがっているのか、

テンションが上がっているのか、下がっているのか


言葉以上に、相手の雰囲気、空気、オーラ、エネルギーは雄弁に語る。



きっとそれを言語に変換しているんだと思う!


音楽で学んだ作詞のプロセスが、僕の言語化力を鍛えてくれたんだと思う。




今まさに、過去に似たような状況に立たされている。



意図と違う反応が来る

全く伝わっていない…


そんな風に思うことが増えた。



でもまた学ぶだけ。




たとえ伝わらなくても、伝えようとすることをやめる気もないし、きっと自分の中にある問題なんだと思う。



諦めないこと。



自分の夢を達成する、唯一の方法。