冨樫のとんがりブログ

ありのままの自分で、理想に向かって生きる人を増やし、家庭を変え、社会を変え、国を変え、世界を変えるためのブログ

信じる道を行け

何を信じるか。
誰を信じるか。

そもそも信じるとはどういうことか
それすらわからなくなった人もいるかもしれません。


信じる道を行けば、後悔はしないのでしょうか?


僕は、後悔しないと思います。



僕はずーっと長い間、人を信頼することができませんでした。
自分を信じることもできませんでした。


でもある時に、「これをやる」と決めて、
その道をただひたすらに走り続けたことがあります。

それが、「音楽で人の心を救う」ということです。


でも本当に救われたかったのは僕自身でした。


それに気づかず、がむしゃらに、やり続けました。



その時は全くうまくいかなくて、希望を失いそうになることもありました。

でも後悔はありませんでした。


なぜなら、僕が自分で決めたことだったからです。



僕は過去に、ひとつだけずっと後悔していたことがありました。

それが、「高校をやめなかったこと」です。



僕は高校卒業後、音楽学校に入りましたが、
実は高校在学中から行く学校は決めていて、
友だちもいない学校生活に、何の意味も見出せませんでした。



当時、両親への感謝の気持ちだけで嫌いな学校に通い、最終的に皆勤賞をもらうぐらい真面目に通っていました。

でも高校を早く退学して音楽を学びたかった僕は、父親に土下座しながら「高校をやめさせてくれ」と頼んだことがあります。


今までのつらく長い学校生活が思い出され、涙も出てきました。
早く自分の選んだ道で、自分の責任で挑戦したかった。


でも父親は僕の将来を考え、高校退学を許してはもらえませんでした。



20代で2度もうつになり、たくさん失敗もしましたが、後悔と呼べるものはその一点。
高校を親の意思で通い続けたことでした。

僕が決めたことですが、当時現実が厳しく、決めさせられたかのように錯覚していたんですね。


人は、現状が不満だと過去の失敗を悔やむ生き物です。


僕もそうでした。



今はそれさえも克服し、後悔のない人生を送っています。


うまくいかないこともたくさんありますが、うまくいくこともあります。


それ以上に、自分が決めているから、誰のせいにもしなくていいし、全ての失敗の原因は自分の中にあることがわかっているので、ある意味気が楽です。



自分の信じる道を行く先にだけ、見えるものが必ずあります。
僕はそう信じています。



自分の信じる道を行ってください。
自分が、最高だったと言える人生に。

広告を非表示にする