冨樫のとんがりブログ

ありのままの自分で、理想に向かって生きる人を増やし、家庭を変え、社会を変え、国を変え、世界を変えるためのブログ

「心の傷は一生」という絶望

この世の中には、自分の常識では考えられないほど繊細な人たちがいます。


僕はその中でも比較的鈍感な方ですが、
今まで出会ったたくさんの方に

繊細だね とか

感受性が強いね とか

言われてきたので、少しは傷付いてきた人の気持ちがわかります。




心についてアンテナを張っていると、
こんな言葉を耳にします。


体の傷は治るけど
心の傷は一生



聞いたことありませんか。



よくいじめ防止の啓蒙活動なんかに使われていたように思います。




僕は思うんです。




あなたのケガは、一生治りません





あなたの病気は、一生治りません







こんな風に言われたら、
そのケガをした人
その病気を患った人


希望を持つ人より、絶望感を持つ人の方が多いんじゃないでしょうか?




僕もいつの間にか


心の傷は一生


そう思い込んでいました。



だからトラウマも、
あの時の苦しみも、
絶望感も、
悲しみも、
心の痛みも


全部一生続くんだ……





そう思っていました。



でもそんなことはありません。



心の傷は、自分自身で癒すことができます。



だから今までたくさん傷付いてきたからといって、諦めないでください。


強く望めば、必ず望んだものがやってきます。



心の傷を癒したからといって、
傷付いた気持ちを忘れるわけではありません。


インフルエンザになった人は、
完治しても熱の苦しみを忘れませんよね?


骨折して入院した人は、
完治しても、あの痛み、病院食、退屈な時間を忘れませんよね?



傷を癒すことができると、
今度はその経験から、
人を癒すことができるようになります。


大丈夫だよって言えるようになります。



心の傷は一生、という言葉に振り回されないでくださいね。



**************************************

【 22世紀の寺子屋

次回開催日はコチラ

Facebookのイベントページです。

https://www.facebook.com/events/1812461395673136/?ti=icl


22世紀の寺子屋への想い
http://togatogatogashi.hatenablog.com/entry/2017/02/02/140640



ご意見、お問い合わせはこちらから


LINE@

@dzq9165c

**************************************