冨樫のとんがりブログ

ありのままの自分で、理想に向かって生きる人を増やし、家庭を変え、社会を変え、国を変え、世界を変えるためのブログ

悲しみを取り戻しました

僕が最後に悲しくて涙を流したのは16年前でした。

当時、3年間片想いしていた女の子に、告白せずにフラれるという出来事があり、悲しいのか悔しいのかで涙しました。


それ以降、失恋しても秒で立ち直る術を身につけたり、傷ついても振り切る術を身につけたり、悲しさとはどんどん無縁になっていました。



6年前に、大好きなおばあちゃんが死んだ時も、全く悲しくありませんでした。


人は誰でもいつかは死ぬよな


そんな風に日々思っているので、お別れが悲しいなんてことも思うことはなくなりました。



なので、悲しいとはどういうものか、ほとんどわからなくなってました。
共感はできるけど、実感はできないような。



そんな僕が、久々に悲しみを取り戻しました。



何があったのか端的に言えば、

信頼している人に傷つけられた


ただそれだけです。




今までの人生で、さんざん人に傷つけられ、否定されてきて、もう慣れたものだと思ってました。


慣れすぎて、多少のことで改めて傷つくこともないし、傷ついたからって感情が変化することもなかった。

でも気づくと、心がギューっとなっていて、受け取れない状態になってました。


それを緩めて気付いたんです。


傷ついたなって感じて、悲しさを感じて


16年ぶりに悲しくて涙しました。


受けとめてくれた人、僕のために怒ってくれた人

たくさんの人が支えてくれました。


本当にありがたいです。





そしていま

悲しみを感じたことで、封印していた感受性のセンサーがさらに解放されて、ちょっとした話でもウルっときてしまうようになりました。


30歳になって泣き虫になるとか、あんまり笑えませんが、この感情は必要なものだったんだなと思います。



悲しいこともあったけど、その10倍は嬉しいことがあったので、よしとします!



人生何が起こるかわかりませんね。